他人を怪我させたら賠償責任です!

犬の噛み癖をしつけるのって難しいですよね。

しつけてもしつけても、全然言うことを聞いてくれない。

でも、しつけをして噛み癖が直るワンコがいるのも事実です。一体、何が違うのでしょうか?

それは、「飼い主とワンコの信頼関係」です。

無理やり命令したり叱ったりするのではなく、まず「聞く姿勢を持ってもらうこと」が重要です。

聞く姿勢がないワンコにいくら命令しても、従ってくれません。

それどころかしつけるごとに悪化していきます。

まず飼い主が犬の世界のルールを理解し、主従関係を築くことが全ての土台になります。

そうすることで、噛み癖をはじめとした犬の問題行動は解決していきます。

信頼関係を築くためには飼い主自身がしっかりと学ぶ必要があります。

そのために必要な情報がたっぷりと詰まっている「しつけ教材」を紹介します。

大丈夫です、噛み癖は改善できます。

他人を怪我させる前に対策しましょう。

なぜ、しつけ教材がいいの?

犬のしつけ方法はいくつかありますが、代表的なしつけ方法よりもしつけ教材が良い理由を紹介します。

代表的なしつけ方法
  • しつけ教室
  • YouTube動画
  • グッズ

しつけ教室

メリット
デメリット
  • トレーナーに個別の質問ができる
  • 他の犬との交流ができる(社会化)
  • 決められた時間や場所で通うしかない
  • 講習費用が高い
  • しつけ教室までの交通費や移動時間がかかる
  • 個別の質問はしつけ教室にいるときでしかできない

YouTube動画

メリット
デメリット
  • 時間や場所を気にせず手軽に視聴できる
  • 繰り返し学ぶことができる
  • 情報(動画)が散乱しているため、順序立てて学びにくい
  • しつけに重要な基本的な考え方がない(見つけにくい)
  • 表面的なしつけ動画が目立つ
  • トレーナーに個別の質問ができない

グッズ

メリット
デメリット
  • 安価なものが多い
  • 使い方を誤ると犬にストレスを与えたり逆効果になる
  • 犬が慣れてしまうと効果がなくなる
  • 周囲の人から体罰や虐待をしているように見られる

まとめると、各しつけ方法のメリットはそれぞれ魅力的ではあるものの、同時にデメリットの項目も目に付きます。

ですので、メリットとデメリットを総合すると、どうしてもデメリットのほうが勝ってしまいます。

ところが、このページで紹介するしつけ教材では、メリットのほうが多く、本場のしつけを学ぶことができます。

1つずつ紹介していきますので参考にしてください。

しつけ教材の選び方3つのポイント

では、しつけ教材であればどれでもいいのかというとそうではありません。

以下の3つのポイントで選ぶと良いでしょう。

選び方①:価格面

価格面は、購入時の費用が重要なポイントとなります。

しつけ教材には、様々な価格帯がありますが、高価なものほど効果があるわけではありません。逆に安すぎる教材も問題でしょう。

そのため、自分の予算に合わせた価格帯の中で、最も効果的な教材を選ぶことが大切です。

選び方②:サポート内容

犬のしつけ教材を使用する上で、わからないことが出てくる場合があります。

そのため、サポート内容が充実している教材を選ぶことが望ましいです。

サポート体制が整っていると、解決策を早く提供してもらうことができるため、より効果的なしつけができるようになります。

選び方③:実績

しつけ教材を選ぶ際には、その教材の実績や口コミを確認することが重要です。

過去の使用者からのレビューや評価を確認することで、教材の内容や効果がわかります。

また、犬種や年齢、性格などに合わせたしつけ方法が掲載されている教材を選ぶことも、効果的なしつけにつながります。

犬のしつけ教材なら『イヌバーシティ』がおすすめ!

3つのポイントをおさえた教材は、『イヌバーシティ』というしつけ教材です。

販売開始から、5年連続で売上No1を記録しているイヌバーシティ。

ではなぜ、しつけ教材の中でもイヌバーシティがいいのか?

そのオススメする理由と言えるのが、次に紹介するしつけの考え方特徴です。

それぞれご紹介します。

イヌバーシティのしつけの考え方

体罰なしのしつけ

愛犬に恐怖を与えず、絆を深めながらしつけができるようになります。

そのため、完全非体罰でのしつけ法となっております。

恐怖を与えるしつけ(怒ったり怒鳴ったり叩いたり)の弊害として、以下があります。

また、犬の問題行動1つ1つをピンポイントに直そうとする表面的なしつけでも上記のことが起きてしまいます。

なので、まずは犬との関係性を築くことから始めるのが先です。

犬との関係性は3つの科学的アプローチで

犬の問題行動の悩みを解消し、持続的なしつけ効果を得るには、まずは犬との関係性を築かないといけません。

たとえば、野菜づくりは土ですべてが決まるとも言います。

土が悪いのに、肥料や水を与えても良い野菜はできないでしょう。

それと同じように、しつけが定着するかどうかは、犬と飼い主の関係性ですべてが決まると言えます。

その関係性を築く方法として以下のカリキュラムが用意されてます。

また、関係性というくらいなので、犬だけでなく飼い主としての心構えや立ち振る舞い方も重要になってきます。

飼い主の在り方についても教材で詳しく学ぶことができます。

これらのカリキュラムが順序立てて構成されてることで、①犬との良好な関係性が作られ②しつけの効果を持続することができるようになります。

その結果、他の問題行動もなくなり、犬と充実した日々の生活が送れるようになる、というのが本教材の目指しているところです。

他人やよその子をケガさせてしまう前に!

イヌバーシティの特徴

特徴①しほ(飯嶋志帆)先生の実績と人柄

本教材の作成者は現役ドッグトレーナーの飯嶋志帆さん。

しほ先生の愛称で呼ばれています。

幼少期から犬のいる生活を過ごしつつ、保健所で死んでいく犬をどうにかできないかという思いがドッグトレーナーを目指すキッカケに。

現在は株式会社ワンコ・ワークスの代表取締役として活動中。

しほ先生含めワンコ・ワークス施設のスタッフさんたちは、飼い主とワンちゃんからとても愛されてます。

特徴②犬種年齢問わず、どんな問題行動にも対応

本教材は、アメリカで学んだメソッドや「ワンコ・ワークス」での仔犬、老犬、要介護犬など延べ3万頭以上を受け入れた実績と経験がふんだんに凝縮された結晶と言えるでしょう。

そのため、犬種や年齢は問いません。

また、犬の問題行動には「かみつき」「トイレ問題」「無駄吠え」などさまざまありますが、本教材では、1つ1つをピンポイントにしつける表面的なやり方は推奨してません。

犬と飼い主の関係性をまずは築き、その上で問題行動をしつけていくやり方推奨してます

講義の始まりは、「問題行動をとる犬の飼い主のNGパターンとは?」といった飼い主向けの座学から入るため、飼い主としてのあるべき姿が分かり、関係性を築くための土台をつくることができます。

関係性が築けてからしつけをすれば、どんな問題行動も改善できてしまうのが本教材です。

特徴③2つのサポート体制で安心

本教材では、スマホやPCの操作が不安な人のためのサポート体制があります。

ですので、操作が苦手だったり、視聴方法がわからなかったりしても、安心して学ぶことができます。

もうひとつは、教材で紹介されてるしつけ方法をやってもうまくいかなかった人のためのサポート体制も整っております。

うまくいかなかったとき、どのように対処するのが良いか的確なアドバイスをプロが答えてくれるので安心です。

特徴④成功シーンだけでなく、失敗シーンも公開

あえて失敗したシーンもカットせずに収録しています。

「訓練士の人でも、こうやって失敗しちゃうときもあるんだ」と安心していただき、焦らずに実践することができます。

特徴⑤専門用語なし

総収録時間は1260分とボリュームがありますが、どのパートもわかりやすい表現で解説されてます。

なお、本教材では専門用語を使わずに解説してあるため、改めてネットや本で調べ直したりする必要はありません。

特徴⑥学びやすいよう、倍速再生と頭出し再生に対応

体系的に(順序立てて)学べるようになっているため、あとでもう一度見たいときにストレスなく探すことができます。

倍速再生や頭出し再生もできるので、スキマ時間でも学びやすくなっております。

特徴⑦無料の6大特典プレゼント

本教材を購入すると以下の6つの特典が無料でついてきます。

他人やよその子をケガさせてしまう前に!

口コミ

他人やよその子をケガさせてしまう前に!